岡山県倉敷市藤戸町、天城小学校正門前の歯科医院 【小野歯科医院】 歯に関するお悩みはお気軽にご相談下さい。
ホーム > 小野歯科医院 倉敷


 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんにちは。
 看板書き直しました。

今回、ちょっと難しいかもしれません…。
 取り組みやすい、炎症対策について。

 現代の日本では、感染症はある程度対策がとれるようになりました。

(食料の為の獲物として、マンモスを追いかけて怪我をする、というようなことはないですし😅)

怪我をする、風邪をひくなど急性の炎症に対して戦うことと、ある程度落ち着いたら炎症が収まる、ということのセットで、免疫は成り立っています。

日本や先進国では、アレルギーはじめ、炎症の暴走や長期化による、慢性炎症が問題となることが多いです。

炎症を起こすものとして、細菌やウイルスもありますが、こちらは薬を作ったり、使っても、彼等?は生き残りをかけてどんどん身体を変化させていきます。イタチごっこになってしまいます。

身体の免疫をあげる、ということには、
1.身体の戦う力を保つこと
質としての栄養不足にならないこと、ストレス解消出来ていること、腸内環境を整える、充分な睡眠をとる、日光に当たる、歩くことでの筋力維持も血糖値のコントロール上も有効です。

食事の時、良い姿勢でたくさん噛むことで、消化を助けたり、唾液で潤い、汚れもつきにくくなり(食べる内容にもよりますが)抵抗力はあがります。

噛む回数が少ない人より、同じものを食べても食中毒が起こりにくかった、との報告もあります。

2.戦って、ある程度外敵を抑えたら、炎症が早期におさまること(炎症の収束)

糖や脂の選択によっては、身体の中の気づかない所で炎症を起こしやすくしてしまいます。
 腸内細菌も乱れます。

内蔵脂肪が多いことで、炎症は起こります

口呼吸による、鼻のフィルターを通らない呼吸で、雑菌で扁桃炎を起こしたり、身体を冷やしたり(呼吸は一日約2万回行なわれます)、口腔乾燥により虫歯や歯周病のリスクはかなり上がります。

副鼻腔炎や上咽頭炎、歯周病は症状に気づかないことも多く、これは慢性炎症の代表選手かもしれません。

糖尿病、肝腎臓炎、癌や、心、脳血管障害…と慢性疾患との関わりは深いことがわかってきました。

難しいことでなく、まずはできるそうなことから対策を^_^

(ちなみに、口呼吸は、鼻がつまって苦しくてなっている場合、筋力不足、姿勢が崩れて口が開いてしまってる場合…それぞれで対策は違います。)

ひとまず、寝ている時に口の真ん中にテープを貼ってみるところから、スタートしてはいかがでしょうか?(今井一彰先生の著書より抜粋させていただきました)

あとは、食品の中では「この成分がよい」と足すことより、「これは食べない方が良い」というものを引き算する方が、家計にも優しく、効果的であることが多いです^_^

好きなことをすること、よく笑うことも大切ですね^_^




2018年10月16日(火)

<< 小野歯科医院 倉敷
2018.10.6
小野歯科医院 倉敷 >>
2018.11.19



はじめのページに戻る



小野歯科医院
〒710-0132 岡山県倉敷市藤戸町天城2225
086-428-2555

Copyright (c) Ono Dental Clinic All Rights Reserved.