岡山県倉敷市藤戸町、天城小学校正門前の歯科医院 【小野歯科医院】 歯に関するお悩みはお気軽にご相談下さい。
ホーム > 小野歯科医院 倉敷


 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんばんは。
 今日(6月8日)は、歯の日らしいですね^ - ^

 さて、私は大学時代バスケ部でした。
スラムダンク世代で、大学時代はまだ高校生当時の田臥選手を見て感動していました。

 プレイは、全然でしたので、声出しやチームワーク作りに貢献したいと思ってました。
  先輩、後輩、先生に恵まれてほんとに楽しかった^ ^
 
そんな下級生の時に、お世話になったのが、水分補給のスポーツドリンク。
  普段は水でしたが、試合の時は粉を水で溶いて作っておりました。試合で戦っている先輩に言われました。
  「すぐ飲むには濃くて飲めないので、もっと薄めてくれる?」

確かに自分で飲んでみても、濃くて飲めないので、半分に薄めました。すると、飲みやすくなりました。
  さらに飲みやすくするため、冷えた水で溶かし、せっせと作りました。

 さて、時は立ち、私は歯科医師になりました。
 哺乳瓶齲蝕(ジュースやカルOスなどを哺乳瓶に入れて、子供に与えることで多数のかなり進行した虫歯ができる)
は、教科書でしか見たことはありませんでした。
(岡崎好秀先生の資料、感謝します)

 今でもごくたまにありますが、ほとんど見ません。

 ジュースやコーOなど清涼飲料水、アイス、お菓子…

これらは体にとって過ぎると、
 虫歯や歯周病、糖尿病や循環器疾患、アレルギー…を生じることをほとんどの人は知っています。

では、なぜあんなにコンビニやスーパーで多くのスペースで売られているのでしょうか?

→人間が1番美味しく、何度も食べたくなるよう研究されているので、とても美味しく、たくさん売れるからです。
 では、野菜ジュース、スポーツドリンク、乳酸菌飲料、塩飴はどうでしょう?

 健康に良い、水よりも身体に近い、熱中症予防…とステキなメッセージと共に売られています。

ほんとにそうでしょうか?

スポーツドリンクを例にすると

 お風呂上がりに冷蔵庫でよく冷えたスポーツドリンクは、良さそうです。
  これからの季節、寝てる間にかなり汗をかきます。
   寝る前に飲むのも良さそうです。
お母さんやお父さんの優しい気持ちもあると思います。

  でも…

実際は、スポーツドリンクは、体に必要なミネラルはとても少なく(多いとガブガブとおいしく飲めない)、糖分はかなり多い(美味しい)です。
  

 ここで、私が部活をしていた頃のように、半分に薄めます。
  もともと少なかったミネラルは、さらに薄くなります。
  糖分はそれでも多いです。身体にほんとに良いのでしょうか?

だったら、水か麦茶にしませんか?

もし、ミネラルを、ということでしたら、味がわからない程度にうすめた、ニガリ水でも。
(コップ一杯に一滴位)
↑夜間に足がつって起きる方には特にオススメですが、お薬など飲まれている方は主治医の先生にご相談ください

特にお子さんは、夜ご飯を食べてから寝るまで数時間はあるでしょう。
  夜食べて、寝る前にはある程度血糖値は落ち着いているでしょう。
   そこに、冷えたスポーツドリンクが入ります。

  →一気に血糖値は上がります。

  反応性の低血糖で、ガクッと眠くなる子もいれば、アドレナリンがでて寝れない子も出るかもしれません。
   膵臓と、副腎と、血管は特にかなりこたえます。

 仕事がだいたい終わったと思ったところに、残業が入った感じです。明日に持ち越しになってしまいます。
  残った仕事(脂肪)がたまっていきます。
 傷ついた血管の修復にコレステロールが使われます。血管は硬くつまりやすくなっていきます。
 細菌も繁殖しやすいでしょう。
  ウイルスのエンベロープ(足)をもつタイプは、身体の中に糖分が多いとくっつきやすく、私達の細胞に侵入やすくなります。
(吉冨信長さんのYouTubeもご覧下さい)

スポーツドリンクなどに入っている、果糖ブドウ糖液糖は、冷えるとさらに美味しくなります。
 喉越しも良くて、どんどん飲みたくなります。
しかも、中毒性もあり、腸内細菌にダメージを与えます。味覚異常に繋がる可能性もあります。

 スポーツをしていて、汗をかいたとしても、麦茶や水で十分です。
  (スポーツを頑張っている子が、虫歯と歯肉炎で夏休みに来られます。だいたい熱中症対策で、頻回のスポーツドリンクを飲んでます。
 元気に楽しむためのスポーツなのに)

 (経口補水液、スポーツドリンクに関して、以前から警鐘を鳴らしていらっしゃる、豊田裕章先生の投稿もぜひ)
 

もし、どうしても飲みたいのなら。

薄めるなら、経口補水液を。
これは、腸への浸透もよく、熱中症になったら必要になるでしょう。
  でも、普段から飲むものではありません。
もしもの時のために用意はしておきましょう。
  非常時のための経口補水液は塩分も多く、常飲で血圧が上昇する可能性もあります。

 手作りの経口補水液は、
500mlの水に、ブドウ糖を10g(砂糖ではありません)と、お好みでレモン汁などを足して。塩分(天然塩でミネラル豊富なものが望ましい。ヌチマース、ゆきしおなど)は適量。(汗のかきかたで加減)1.5g程度
  ブドウ糖の5gのスティックはネットでも購入出来ます。

 日ごろから、パンや麺類ばかりでタンパク質や食物繊維が足りなくても、体に水分を貯めておけず、熱中症になりやすくなります。
   暑くて、なかなか食欲がなくなりがちですが、意識してタンパク質を自分に負担にならない程度にとりましょう。
  (久野淳先生の投稿がとてもわかりやすいです)
 
  そして、スポーツドリンクや清涼飲料水を飲んだ後は
 歯磨きをしましょう、とか、
  ストローで飲めば大丈夫
…なんて記載ありますが、ウソです😭

(糖分の摂取が多くても虫歯が出来ない子も増えてますので、虫歯が出来なければオッケーではありません)

 もちろん、しないよりした方がよいですが、歯ブラシでなかったことには出来ません。
  傷ついた血管は、歯ブラシでは治せません。
 歯ブラシで届かない糖分は、虫歯菌にとって大変嬉しいです。
  夜は唾液にも流されにくいです。
そして、歯肉の毛細血管からにじみでた糖分で、歯肉炎は進行します。
  血管が傷ついて、出血しやすくなると、歯周病菌も餌が増えて喜びます。

  ただ、虫歯は、100歩譲ってある程度治療できます。(残念ながら、元には戻らないですが😭)
 でも、虫歯にならなくても、自己免疫疾患になったり、糖尿病にいったんなってしまうと、治療はかなり我慢を強いられます。

 どっちがよいでしょう?

自分の学生時代は、知らずに良いと思っていたスポーツドリンク。
  今は、嗜好品として、楽しむ程度は良いと思いますが、熱中症対策として飲むことには大反対です。

(「あまくない砂糖の話」というDVDをぜひ観てみてください^ ^こちらは健康食品という記載のある食品のみをとったのに、身体が悪くなっていく過程がポップでわかりやすく描かれています)

熱中症対策に
 ・朝日を浴びる
 ・深呼吸
・睡眠をしっかりとる
 ・無理のない歩行量
・水か麦茶を飲む(カフェインの多いものものはできるだけ控える。)
・冷えたものは、喉ごしで飲み過ぎやすいので、ほどほどに(すぐ尿となる)
・楽しく感じることを探す
 ・嫌なことをやめるか、やり方を変えるか。
(ストレスでも血糖値あがります)
・パンよりごはん
 ・タンパク質を意識
・ジュース、アイス、清涼飲料水、スポーツドリンクは、できるだけ控える
 ・味噌汁や梅干しをとりいれてみる
 ・ニガリ水
あたりから、はじめみてはいかがでしょうか



2020年6月9日(火)

<< 小野歯科医院 倉敷
2020.5.15



はじめのページに戻る



小野歯科医院
〒710-0132 岡山県倉敷市藤戸町天城2225
086-428-2555

Copyright (c) Ono Dental Clinic All Rights Reserved.