岡山県倉敷市藤戸町、天城小学校正門前の歯科医院 【小野歯科医院】 歯に関するお悩みはお気軽にご相談下さい。
ホーム > ブログ

ブログ


 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

街はクリスマスの雰囲気であふれてますね🎅🏻
子供達の欲しいものを聞くのもとても楽しいこの頃です。

さて、一か月切ってしまいましたが、来年の寺子屋決まりました。

先日の広島での講演での、口から食べる意味、咀嚼について…などをベースに、冬で体調を壊しやすい時期ですので、堅苦しくならず、食べ物からの健康のヒントをお話ししようかと思っております。

対象はどなたでも。
086-428-2555まで、ちっちゃな医院ですので😆、予約をお願いいたします。


2019年12月22日(水)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんにちは。
師走に入り、慌しくなってきましたね^^
当院は27日までは通常診療し、28日の午前中は急患対応とさせていただく予定です。

さて、先日、広島にて食事栄養療法倶楽部にてお話させていただきました。
口から食べる意味、咀嚼のメカニズム、口の中からみる栄養と歯科疾患との関わりなど。
参加者の皆様が暖かく、とてもありがたかったです^^

奥平先生のお話では、腸内環境とメンタルとの関わりについて。
手軽に近くのスーパーでも手に入る、シナモンや生姜、シソやクローブの抗炎症、抗酸化、抗菌作用について。
冷えの悪影響について。
亜鉛、鉄、ビタミンB、Dの欠乏と、体の影響、どう補うか。
検査値が基準値内でも、隠れ栄養不足が隠れていることも多く、これを見破れるかどうか。
精神疾患様の症状でも、精神疾患でないことが多いようです。
よく寝ることも、腸を癒す
メンタルの不調は、脳の炎症
…などなどを、いつもながら、わかりやすく、ハードルが高くないように、大切なことを教えてくださいました^^

↑こちらを参考にさせていただきつつ、新しい看板書きました。

奥平先生のお話の中の、シナモン湯はこの時期ぜひオススメです。
(うつぬけ食事術に作り方が書かれています)
生姜も入れて、朝飲むと、体がポカポカして、動きやすく、食欲もでます^^

いきなり100点を目指しての、減点方式で自分を責めず、出来ることから、身体と心のバランスをとっていけると良いですね。

snsはとても便利ですが、情報量が多すぎて、頭がいっぱいになる方もいらっしゃいます。
隙間時間になんとなくの、スマホ習慣をやめてみるだけでも、頭が整理されます^^

よかった探しは、和田裕美さんの陽転思考を参考に^^
朝の目覚めも違います^^


2019年12月10日(火)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

来週の土曜日、日曜日に広島市内での会でお話させていただきます。
  まだ、間に合いますので、ぜひよろしくお願いいたします^ ^




2019年11月24日(日)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんにちは。

先日、絵本がたくさん置いてある岡山駅の西口近くにあるカフェ(Lasten aikaさん)
に行ってきました。

 大好きな絵本と北欧インテリアに囲まれて、とても幸せな気分になりました。

 そして、そこから、馬場のぼる先生の名作、「11匹のネコ」の有名なあの場面😂をオマージュして、今回の看板を書きました。
  

 東洋的な養生として、
 冬に向い「腎」が最も活動する時期です。
(腎は腎臓だけでなく、生殖器や内分泌も含まれるようです。)

腎は、体液のコントロールや、いらないものを濾してくれ、排出してくれたり、血圧に関係したり、ホルモン調節など、とても大切な働きをしてくれます。

また、腎は骨の発育や維持に関わってるとされ、この時期の不養生で歯のトラブルも起きやすいとされてます。

 生活に関しては、断捨離に向いてるようです😁
  ある物を選択して、抱え込みすぎず、手放して、新たな成長に繋げていける時期だそう。

 食事では、もったいないと食べすぎるのは、
 身体も心も滞ってしまいます。
  我慢してることに気づかずに、食に走っていませんか?身体からのサインを見逃さないようにしたいですね。

 あとは、冷えに注意。
 感染しやすかったり、疲れやすかったり、ぐっすり眠れなかったりしてませんか?
  
 甘い物と、果物の取り過ぎ、冷えたジュース、
また緑茶も身体を冷やす性質なので、暖かい緑茶でも飲みすぎると冷えますので、お気をつけて。

海藻や豆、根菜をしっかり。
 黒色食品(黒豆、黒ごま、海藻、ごぼう、きくらげなど)を意識してみましょう。

精製した塩の取り過ぎに注意です^ ^(ミネラル豊富な塩を適塩で^ ^)



2019年11月11日(月)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんにちは。

11月7日の木曜日に、第一回 小野歯科寺子屋を開催しました。

 寺子屋で何をするかと言うと…

 a.身体のこと、心のこと、一見歯科の病気に関係しなさそうだけど、歯科の疾患と関わること
(今回は口から考える足の大切さ)

b.歯科の知識
(なんで、歯石を取らなきゃいけないの?虫歯はなんで悪くなるの?、栄養素と歯の病気…など)

↑と、いったところをざっくばらんに、
 楽しくお伝え出来ればと思っております。
(だいたい2ヶ月〜3ヶ月に一回の開催予定です)

今回は、足の指の変形や、増えているお口ポカンの姿勢の原因、舌の機能の大切さ、生活習慣…といったところをお話しました😊

色んな情報が溢れる中で、なにを選択するか?
が、今後の健康に大きく関わると思います。
  その選択肢のひとつとして、ぜひ、お気軽にご参加ください^ ^



2019年11月8日(金)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

「口の健康に関わる足の話」
 一見、関係無さそうな、口と足の機能。
 実はお互いに支えあっています。
  ・姿勢に関係する( )の位置
  ・足と口のためにやらない方がよい習慣とは?
 ・長時間は避けた方がよい( )
…そんなテーマで、堅苦しくなく、お話しする予定です。

参加費 お一人500円
 足のサイズの測定や、ゆびのば体操も希望があれば、お伝えします。



2019年11月1日(金)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんばんは。

なんだか、急に寒くなってきましたね。

 アレルギー含め、鼻をグジュグジュされてる方も多いです。
 
  夏に比べ、日光浴でのビタミンD吸収は低下してるので、ちょっとした時間でも日光浴して、免疫力↑アレルギー対策にいかがでしょうか。
  
  また、健康番組では、「これを(この栄養素を)、足そう!」というものが多いです。
  (スポンサーの意向もあるでしょうし😂)

 人は、足す方が得意です。でも、実は引き算の方がもっと大切。
  いくら良いものを取り入れても、それがストレスになったり、嫌いなものだったりすれば、
 効果は下がるでしょうし、
  良いものでも、別の悪いものが多ければ効果は期待できません。

 体の調子を頼りに、無理なく足したり引いたりしつつ、本格的に寒くなる前に養生したいですね^_^



2019年10月8日(水)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんばんは。

今回も、お知らせです✨

当院の待合室に常時置かせていただいている、
「食べてうつ抜け」はじめ、四冊の本の著者である、精神科医の奥平先生が広島で講演されます。

 イライラしたり、寝ても疲れが取れなかったり、やりたいのにやる気が出なかったり…いわゆる鬱の症状。
   この鬱という病名をつけるためには、血液検査等で、身体に問題がないという除外診断が必要です。
  
  ただ、その血液検査で、問題ないと診断されたとしても、爪が薄く平らですぐ割れたり、体のあざができやすかったり、顔色が白い、頭痛、髪が抜ける…などないでしょうか?
   口腔領域ですと、口内炎が出来やすい、噛みしめが強かったり、氷などやたら硬いものが食べたかったり、チョコがどうしてもやめられないなど、ないですか?

 奥平先生の本は、血液検査や身体所見から、量は食べているけれど、隠れ栄養不足からの精神疾患の可能性や改善法を教えてくださる名著です。
  漫画もかわいく、ケース別にわかりやすく描かれてますので、特に女性の方はぜひ、読んでみてくださいませ^_^

 そんな、奥平先生の講演の前に、私がお話しさせていただける時間をいただきました。

医療関係者でなくても、参加出来ます!

  腸の入り口は、口腔です。
 今回は、「口から見る、腸とメンタル」をテーマにまとめてみました。
   が、栄養素の話はほぼしません😅

 ・咀嚼(噛むこと)をベースに、
 消化を助け、体の機能維持を助ける、口の機能と、腸やメンタルとの関わり。
  ・口腔粘膜や歯肉の状態と食事の相関…
・避けた方が、口のトラブルが少ない食べ物
  ・口呼吸は原因?結果?

など、堅苦しくなく、楽しく伝えられればと準備しております!
  ただ、早口にはなると思いますが😅

 土曜のお昼ですが…身体と心の健康につながるヒントをお話ししますので、ぜひ会場に来ていただければと思います^_^
 応援、よろしくお願いいたします🙇

お申し込みや詳細は、コメント欄に貼っております。




2019年10月5日(月)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんばんは。

いよいよ、明日から10月ですね。
 今年もあっという間に、後三ヶ月、年々早くなるような…😆

 さて、今日はお知らせです。

当院は、食の選択や、身体の使い方などを通して、ご自身やご家族や近い方の、身体と心を大切にして欲しいなあと考えてます。

治療だけでは限界があることは明白で、何度も再発を繰り返すことは、医療費もあげ、状態はだんだん不利になり、解決策には残念ながらなりません。

いろんな情報が多すぎて迷ったり。
もともとの真面目さで、自己否定してしまったり。
 我慢し過ぎたり。
 量は足りてるけど栄養不足になってしまっていたり…。
または、味覚の変化でジャンクフードしか美味しく感じない人もいます。

忙しさや、しがらみの中で、本当の自分でなくなってる方もいらっしゃいます。
そんなストレスをスイーツやお酒や、タバコで誤魔化してないでしょうか。

自分らしさや生まれた意味は、
 自分でもなかなか自覚しづらいところではありますが、

自分のルーツ
身体のこと、男女の差、多様性…
命は有限であること

を知ることはとても大切だと思います。

誤解で自分や人を傷つけたり、
 人を下に見て、自己肯定感をあげたり
知らないことで、自分や人の身体を傷つけること
 を少なく出来れば。

学校教育に任せきりではなく、親子で早いうちからの教育の大切さが指摘されています。

主催の鳥越さんの、今作ってる途中の絵本を見せていただきましたが、
 性のこと、生のことが、
ストレートに、素直に、変に隠さず描かれており、素晴らしいと思いました。

なので、お勧めしております^_^
実際の内容はわかんないので😅、
お問い合わせしてみてくださいませ。

院内にパンフも置かせていただいてますので、お手にとっていただければと思います^_^




2019年9月30日(水)

 小野歯科医院 倉敷
投稿:小野歯科医院 倉敷

こんにちは。
 夏休みもあと少しですね^_^

先日、御墓参りで東京に行った時に、歯科医で尊敬する先輩である、大熊摩利先生のHATOYAさんでの「お弁当の日」に参加させていただきました。

 神奈川県で、普段は休診日に月に2〜3回?で、摩利先生の手作りの食事やお弁当を提供されてます。
その様子はFBでも発信されていて、いつか参加させていただきたいなあと思っておりました。

今回、下は小学校前の女の子から、幼稚園の園長先生、元園長先生、高校生、大学生、父兄の方、塾の先生の、計12名。

皆さん初対面でしたが、摩利先生の指示で、

ハサミで枝豆やインゲンのカットからスタートして、包丁使って切る、混ぜる、蒸す、茹でる、炒める…などをして、どんどん料理が出来上がってくる中で、和気あいあいとした雰囲気で楽しみながら
一緒の時を過ごせました^_^

最後は、各自のお弁当に入れていき、同じものでも、個性あふれる記念撮影に😊

そして、香りや色彩、盛り付けに惹かれ^_^、
 残りのお皿の食べ物をみんなで完食^_^

ただ、料理って、やろうと思うと意外とハードル高いですよね。
 写真が簡単に撮れ、インスタ映えしないといけない…みたいな感情もあったり😂

でも、こんな感じで少しずつ、一人一人ができることをしながら一品完成すると、ゲームのようで楽しくて、しかも最後はおいしく食べられる^_^

現代は、すぐに食べ物を手にすることが出来ますよね。
その分、作る過程を知らなかったり、何か余計なものが入っていても、ボリュームや甘味でカバーされてしまい、知らず知らずで、身体に支障が出ることも。

夏休みを利用して、ハードルの低い所から、一緒に作ってみる体験はいかがでしょうか?

勉強や色んな活動も大事。
でも、体を壊したら好きな事に取り組めなくなることもあります。

全部手作りでなくても、市販の物も上手く使いつつ、食べたい時に自分で選べたり、作れること、食を通じてコミュニケーションがとれること。お母さん一人が頑張りすぎないこと^_^

はじめは、お手伝いしてもらってもかえって、時間もかかるし、汚れます。
でも、それがいつまでも続くわけではないですよね。いつか、お母さんも楽になり、子供達やお父さんは自分で無理なく食材を扱うことが出来るようになるのでは。

そういえば、私の料理体験?は、祖母や母が教えてくれた、果物包丁でみんなのリンゴをむくことからでした。
はじめは、うまく使えなかったけど、少ししたら、なんとか形になり、とても嬉しかった思い出があります。

以前、九州の大学の先生の投稿で興味深かったのが、

実家でお母さんの手作りのご飯、味噌汁を食べていた子の方が、実家を離れると朝ごはんは、パン食や欠食になっていた…というアンケート結果。
 提供されて食べるだけではなく、自分でもやってみることの大切さを、感じました。


2019年8月18日(日)

<<前のページ 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 次のページ>>

現在2ページ目を表示しています



小野歯科医院
〒710-0132 岡山県倉敷市藤戸町天城2225
086-428-2555

Copyright (c) Ono Dental Clinic All Rights Reserved.