岡山県倉敷市藤戸町、天城小学校正門前の歯科医院 【小野歯科医院】 歯に関するお悩みはお気軽にご相談下さい。
ホーム > 診療のご案内

診療のご案内

◆ 一般歯科

 むし歯・歯周病の治療や予防、義歯の作製など一般歯科の診療を行っています。

また、噛み合わせに関わる姿勢診断、子供の矯正治療も行っております。
(トップページの、歯並びの話をぜひご覧くださいませ)

 咬みしめ予防と、舌(骨)位置の改善を促すSPP装置を取り扱っています。

 腸内環境改善、口腔環境改善のためのロイテリ菌の取り扱いもあります。

 院長、副院長は「ゆびのばソックス」のアドバイザー資格を持っており、足のサイズや靴下の適応をみることができます。ご希望あれば販売もしています。

 リラックスしていただき、肩こり、食いしばり改善のためのマッサージメニューも検討中

 
 食べ物の、消化吸収の入り口となる口腔内。
口腔内の状態は、呼吸や、体の使い方、姿勢、栄養摂取状況、体調、気候、メンタル等も相関します。
 歯科医や担当の衛生士が、歯ブラシのチェックと指導だけでなく、虫歯や歯周病の悪化にも関わる、食事や生活習慣等に関してもお話させていただきます。
 
 歯ブラシをしていれば、虫歯や歯周病にならないわけではありません。残念ながら・・。
しかし、口腔清掃をすることで、気分がよくなったり、口腔内の炎症の改善、インフルエンザを含めた感染症予防、消化器官の負担を減らすこと・・様々な利点があります。

 いやいや、歯ブラシなどで口腔清掃をするのではなく、できるだけ楽に、気分良くできるための、方法や意義をお伝えでき、自分の身体を自分で守ることができるお手伝いができれば、と考えます。

 「痛いところだけ、早く何とかして」「薬だけ出して欲しい」・・というご希望には、(状況にもよりますが)添えないかもしれません・・。




 


回数をたくさん咬むことで、日本人はお口の中から消化がスタートし、その先の消化器官に指令をだすことが出来ます^ - ^
これは、消化の負担を減らすことや栄養の吸収も良くすることにつながります。
また、感染症やアレルギー、食中毒の予防効果も報告されています。

 「良く咬む」とは、「硬いものを食べる」ということではなく、顎や歯に負担がかからず、リズミカルに、たくさん回数を噛むことができることです。
 「良く咬む」ためには、歯の良好な状態と、食事や日常生活での姿勢や呼吸の状態が大きく関わります。
そして、口の中では、咀嚼(噛むこと)嚥下(飲み込むこと)には、舌の位置が大きく関わります。

舌の位置と、姿勢や呼吸、足の状態は、筋肉が連動して影響しあいます。(ディープフロントライン)

高齢者の亡くなる原因として多い、”誤嚥性肺炎”は、突然なるのではなく、
実は赤ちゃんの時からの、舌の使い方や発育の違いなどにより、その後の青年期を経て、
なりやすい方となりにくい方の違いが出てきます。
「高齢になると、誤嚥性肺炎になる」とあらかじめ決まっていることでなく、あきらめないで、早く気づくことが大切だと思います。

当院では、口腔機能とも関わる、姿勢や足の形を、重心計やカメラを用いて、撮影、計測を行っております。(一部有料)
あしゆびインストラクターを持っておりますので、あいうべ体操はもちろん、ゆびのば体操の指導や靴下や靴の選択についてもご説明します。

また、舌の位置の改善や噛み締め防止に効果が期待できる、装置も取り扱っております。

  人は食べたものでなく、消化したもので身体ができています。
食事に関しては、色んな情報が飛び交い、迷うところもあります。

残念ながら、「これさえ食べれば大丈夫」というものはなく、全ての中から、個人差や環境差も考えながら、少しずつ試したり、実践しつつ、合うものや合う量を探して行くことが大切だと考えております^ - ^
 
 口の中を使って、歌や食事や会話などで人生を楽しんだり、味わえたらとても嬉しいです。
どうか、我慢して、噛み締めて、暴飲暴食などでストレス解消して・・体を壊さないように。
体の声を聞いてあげてくださいね😊


  画像の、『食生活と身体の退化」はとても素晴らしい本です。
医学は進歩しているはずなのに、何故難病や精神疾患などが増えるのか。
歯並びに問題ある子供達が増えているのか・・。
  など、100年ほど前の本ですが、世界各地の現地調査から見えてきたことが報告されています。
院内の本棚に置いておりますので、機会がありましたら、ぜひ読んで見てくださいませ^^
 




小野歯科医院
〒710-0132 岡山県倉敷市藤戸町天城2225
086-428-2555

Copyright (c) Ono Dental Clinic All Rights Reserved.